海外Wi-Fiの基礎知識

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pinterest

海外で役立つWi-Fiとスマホの設定方法をまとめてご紹介!

海外でスマホやタブレット、PCをインターネットに接続する際には、Wi-Fiルーターをレンタルするのが便利です。今回は、海外でインターネットを快適に利用するために、スマホのWi-Fi設定方法やWi-Fiルーターとの接続方法などのポイントをご紹介します。海外で初めて使う人も、なんとなくわかっている人も、ぜひ参考にしてください。

CONTENTS INDEX

海外でWi-Fiルーターに接続するための機器の設定方法

渡航先でWi-Fiルーターを使用するためには、スマホの設定変更が必要です。旅先でもスムーズに地図のチェックや、ネット検索、SNS投稿ができるよう、設定方法について確認しておきましょう。

Wi-Fiに対応した機器を準備する

スマホならほとんどの機種がWi-Fiルーターに対応していますが、お手持ちの機種がWi-Fiルーターに対応しているか確認しましょう。

スマホやタブレットの「データローミング」をオフにする

「データローミング」とは、海外でオンに設定することによって、国内で契約している携帯電話会社の海外データ通信プランを使って、海外でも国内と同じようにデータ通信をすることができるようになる設定のことです。携帯電話会社のデータ通信を使わない場合は、出国前にスマホの「データローミング」の設定をオフにしましょう。「データローミング」をオフにすると海外では携帯電話会社のデータ通信ができなくなります。ただし、「データローミング」をオフにしても音声通話はそのまま使えます。

よく「モバイルデータ通信」の設定もオフにしてしまう方がいますが、「モバイルデータ通信」の設定をオフにすると、国内外に関わらずデータ通信ができなくなってしまいます。「モバイルデータ通信」がオンであっても、「データローミング」がオフであれば、携帯電話会社のデータ通信ができないため、あえて「モバイルデータ通信」までオフにする必要はありません。また、日本に帰国後、「モバイルデータ通信」をオンにし忘れた場合、日本国内でもデータ通信ができなくなってしまいますので注意が必要です。

つまり、海外に行く場合は「データローミング」の設定をオフにするということを覚えておけば、意図せず、携帯電話会社のデータ通信に接続してしまうことを防ぐことができるということです。

■「データローミング」をオフにする方法

iPhoneの設定方法

「設定」→「モバイル通信」→「通信のオプション」→「データローミング」を「オフ」にする。

※一般的な設定方法です。ご利用のiOSのバージョンによって異なる場合があります。

参考にしたサイト

Androidの設定方法

「設定」→「もっと見る」(あるいは「その他」など)→「モバイルネットワーク」→「データローミング」を「オフ」にする。

※一般的な設定方法です。ご利用の機種やOSのバージョンによって異なる場合があります。

参考にしたサイト

Wi-Fiルーターへの接続方法

スマホの設定が終わったら、Wi-Fiルーターへ接続してみましょう。現地到着後に接続する際には、スマホなどの設定画面に表示されるWi-Fi一覧から自分のWi-Fiルーターを選択し、Wi-Fiルーター本体に貼られたシールなどに記載のパスワードを入力しましょう。

■Wi-Fiルーターを利用してWi-Fiに接続する方法

iOSの設定

「設定」画面を開いて「Wi-Fi」を選択する→Wi-Fiルーター本体のシールなどに記載されたIDと同名のネットワークを選択→Wi-Fiルーター本体のシールなどに記載されたパスワードを入力して「接続」をタップする。

Androidの設定

「設定」画面から「ネットワーク」を選択→Wi-Fiルーター本体のシールなどに記載されたパスワードを入力する。

Wi-Fiルーター使用前は、ここに注意

Wi-Fiルーターを使用する際は、必ず渡航先に到着してから電源をオンにして接続設定をしましょう。また、iOSやAndroid端末の「自動更新」や「クラウドサービス」などのオフ設定は出国前におこなうことが大切。この設定をオフにしていないと、気づかない間にデータ通信が行われて、データ容量の上限に達してしまい、通信速度が低下する場合があります。

iOSの場合
  1. 1.データローミング設定(iOS9の場合、Wi-Fiアシスト設定も同様にオフにします)
  2. 2.iCloud(普段からiCloudを利用している場合は、バックアップをとってからオフにします)
  3. 3.アプリの自動更新
Androidの場合
  1. 1.データローミング設定
  2. 2.アプリの自動更新
  3. 3.クラウドストレージサービス(ドコモクラウド、au Cloudなど)

よくある質問

Q.Wi-Fiルーターの電波の強さは?

A.機種によって多少の違いはありますがバッテリーで駆動するWi-Fiルーターの場合、一般的には約10メートルから20メートル以内にいれば接続できるといわれています。自分が使う場合はバッグやポケットに入れて使うことが多いため、常に電波の届く状態と考えていいでしょう。1つのWi-Fiルーターを何人かで使う場合は、Wi-Fiルーターを持っている人から離れすぎないよう気をつける必要があります。

Q.Wi-Fiルーターをスマホなどで設定する画面で、たくさんのWi-Fiが出てきてよくわかりません。

A.スマホのWi-Fiメニューにある「ネットワークを選択」の画面にいろんな英数字(SSID)が一覧になっていますが、自分のWi-Fiルーターに記載されている英数字(SSID)と同じものを選ぶことで接続できます。

Q.飛行機内でもWi-Fiルーターは使える?

A.機内ではWi-Fiルーターの電源をオフにするようにしましょう。飛行機で移動中もインターネットに接続したい場合は、機内Wi-Fiサービスを提供している航空機を選ぶのがいいでしょう。

まとめ

海外でインターネットに接続するには、今回ご紹介したWi-Fiルーターをレンタルしてスマホなどと接続する以外にも、現地の無料Wi-Fiやデータローミングなど様々な手段があります。ただし、いずれの場合もセキュリティ面や利用方法を知っておくことが大切です。海外に渡航する予定がある人は、渡航前に忘れず正しい使い方をチェックしておきましょう。