海外SIMカードの基礎知識

  • twitter
  • facebook
  • line
  • pinterest

海外SIMカードはどれを選べばいいの?|しっかり比較して自分に合うものを選びましょう!

海外旅行や海外出張で、海外SIMカードを利用する目的はさまざま。海外SIMカードには様々な種類があるので、自分に合ったものを選びましょう! そのためには、前もって利用方法や特徴を調べた上で、しっかりと比較することが大切です。ここでは、海外SIMカードを安く快適に利用したい人に必要な情報を紹介します。ぜひ参考にしてください。

CONTENTS INDEX

海外SIMカードとは?

スマホでインターネットや音声通話を行うために必要なSIMカード。海外SIMカードの特徴は、その多くが「プリペイド(前払い)」方式で、事前に購入したデータ容量や期間のみインターネットを利用できるということです。現地はもちろん、日本で購入できる海外SIMカードもあります。

※ポストペイド(後払い)方式もあります。

海外SIMカードを利用するには?

海外SIMカードを使ってみたいけど、利用方法がよくわからないという人も多いでしょう。まずは、利用前に知っておくと役立つ知識をまとめてみました。

プリペイド方式なら料金はあらかじめ支払った分だけ

プリペイド(前払い)方式の海外SIMカードなら、購入した分のデータ容量を使い切っても、それ以上は利用できないので、追加料金が発生することはありません。

1枚で複数国の利用ができる海外SIMカードも

海外SIMカードの多くは、1枚で複数国での利用ができます。中には、世界200カ国で使えるSIMも!海外旅行や出張で複数の国をまわる際に手軽さを求める人は、SIMカードを差し替える必要がなく便利ですね。どの国で利用できるかは、それぞれ異なるので購入前にしっかり調べておきしょう。

スマホのSIMロック解除をお忘れなく

海外SIMカードを購入して利用するには、ご利用になるスマホが「SIMフリー」または「SIMロック解除済み」になっていることが条件です。通常、キャリアで購入した端末は、そのキャリアだけで利用できるようSIMロックがかかっています。SIMロックされたスマホを、海外でSIMカードを入れ替えて利用したい場合には、事前にSIMロックを解除して、どの通信業者のSIMカードでも利用できる状態にしておく必要があります。SIMロック解除を希望する場合は事前に各キャリアで手続きしておきましょう。

※SIMロック解除可能な機種、お手続き方法などについては、各キャリアの公式サイトをご覧ください。

※参照サイト

楽天モバイル 海外SIMNTTドコモauソフトバンク

日本で購入できる海外SIMカードのタイプは?

海外SIMカードは渡航先で購入すると安く済みますが、あらかじめ日本で購入することもできます。日本で購入しておけば、現地に到着したらすぐに利用できることに加え、言葉の問題がない安心感などがあります。

SIMカードは「データ通信のみ」と「音声通話+データ通信」、「音声通話+SMS」、「データ通信+音声通話+SMS」の4種類。それに加えて、使える国や地域、利用期間など、それぞれに特徴があるので、自分の利用スタイルに合わせて選びましょう。
また、通信料のほか、初期費用(SIMカード本体代金)が3,000円ほどかかる場合もあります。短期の旅行や出張では割高になってしまうこともあるので注意しておきましょう。

ここでは、日本で購入できる海外SIMカードの一例を紹介します。

いくつかの国をまわるなら「複数国対応SIM」がおすすめ!

ヨーロッパやアジアなどの周遊や出張などで、いくつかの国をまわるなら、複数国に対応したSIMカードがおすすめです。そのメリットは、国を移動する度にSIMカードを入れ替える必要がないこと。日本人の渡航者の多い国をカバーした地域別パックや200カ国以上で利用できるものなど、海外SIMカード事業者によって様々な製品が発売されているので、自分に合ったものを選びましょう。

たくさん使いたい人や長期の滞在には「大容量プラン」がおすすめ!

動画の閲覧やビジネスなどでデータ通信をたっぷり使いたいときには「大容量プランを利用すれば安心です。3GBや5GBが用意されているプランもあり、有効期間も最大30日間など長期にわたる場合が多いので、長期の滞在にも便利です。

週末旅行なら「1日パック」がおすすめ!

たとえば週末を利用した2泊3日の台湾旅行。そんなときは24時間有効の「1日パス」などが用意されているプランもおトクです。

※参照サイト

1日パス

少しだけ使いたいなら「従量課金」がおすすめ!

短期の滞在など、少しだけ使いたいときには「従量課金プラン」や「クレジット購入」が用意されている海外SIMカードもあります。地域と使用用途によって料金が異なります。また、従量課金制なので、使うほど料金が加算されるので、使いすぎには注意が必要です。

海外SIMカードは有効期限を覚えておこう!

海外から帰国。渡航先で使っていた海外SIMカードは捨ててしまう? ちょっと待ってください!海外SIMカードは次の海外旅行や出張時にも、また利用できます。そこでチェックしておきたいのが「有効期限」。最後に通信をした日から1年間など、各通信事業者のSIMカードにさまざまな条件が設定されているので、自分の利用したSIMカードの有効期限をしっかり確認しておきましょう。

小さなICカード1枚で、海外の複数国で通話やインターネットを楽しめる海外SIMカード。旅行先や期間によって、それぞれ条件が異なるので、しっかりチェックしましょう! さらに、国際データローミングやWi-Fiルーターのレンタルと比較することも忘れずに。自分の旅のスタイルにぴったりなネット手段を見つけて、海外でスマホをお得に快適に楽しみましょう。